岩田ジュビ漏のブログ

ツイート以上、ブログ未満の読みもの。

違和感だらけの21カルカッタコンクエスト

スポンサーリンク

2/11-14まで渋谷のサンスイで行われていた2021年シマノ新製品の展示会。

今年はコロナの影響で釣りフェスティバルもオンラインだったので、実際に手に取って触れる機会もありませんでした。

発売前に触れる貴重な機会だと思ったので足を運んできました。

 

ここでは21カルカッタコンクエストについて書いていきたいと思います。

本当はすべてのリールをひとつの記事でまとめてやろうと思ったんですけど、細かく分かれていたほうが見やすいと思ったので急遽そうしました。

 

連日リールのインプレがアップされるので、どうぞお付き合いくださいm(_ _)m

 

↓触ってきたインプレ記事

www.iwatajubilou.com

www.iwatajubilou.com

www.iwatajubilou.com

www.iwatajubilou.com

 

21カルカッタコンクエストのインプレ

店員さんにショーケースから100と200を出してもらったんですよ。

でもどっちがどっちかわからないほど、どちらも小さいw

100を手に取ったつもりが200だったりして、これまでの番手の大きさとリールの小ささのギャップに困惑します。

f:id:iwatajubilou:20210214143823j:plain

 

以前にカルカッタコンクエストBFSを使っていたことがあります。

21カルカッタコンクエストの200番がBFSくらいの大きさって感じでしょうか。

とにかくこれまでの200番サイズのリールの大きさからは想像できないほどコンパクトです。

 

100番サイズも同じです。

もうめちゃくちゃに小さい!!

黒田建史さんのブログでも触れられていましたが、旧カルカッタコンクエストの50番サイズと言える大きさです。

f:id:iwatajubilou:20210214144058j:plain

写真左が21カルコン100で、写真右が14カルコン100。

ロッドと組み合わせた場合に、小さすぎて見た目のバランスが悪いんじゃないかと心配になるくらいです。

たとえばノリーズのロッドとかってリールシートやグリップ周りのデザインが太めに作られているじゃないですか。

あれだけ小さい100番サイズをつけたら、逆に浮いちゃうんじゃないかって思っちゃうんですけどどうなんでしょう?

金属ボディであるためいくらコンパクトといえども、リールの自重はあります。

(100番で220g、200番HGで240g)

タックルバランスの心配はなさそうですけど、見た目はどうなんでしょうねw

f:id:iwatajubilou:20210214143829j:plain

 

今回のモデルチェンジでは手の小さい人や小柄な人がこのコンパクトさを求めて、カルコンユーザーが一気に増えそうな予感がします。

モデルチェンジの周期も通常のリールよりは遅いので、今年買って8年後に買い替えるプランもよさそうですよね。

年間で約7000円、日割りにすれば約20円くらいなので実質無料みたいなものですw

自分も早くカルコンが似合う大人になりたいですね!

買うのはそこからな気がしてます。

 

それじゃあまた明日。

 

※このブログで使われている画像は黒田建史さんのブログから拝借しています。

kenshikuroda.com